眼鏡モグラの里
▽Menu
◆Index …… ◆About …… ◆Game …… ◆Movie …… ◆Log
◇過去ログ:2017年

◇倉庫化するにはまだ早かったようです − 【2017/08/31】

その後、色々な方にガラビスをプレイしていただけているようで嬉しく思います。
難易度とかはどうだったのでしょうね? パズルは門外漢なので気になるところです。

-----

top_glass_09.gif

さて、先日コメントフォームよりバグ報告をいただきまして、
その情報をもとに調べたところ、「本来ガラスを作れない場所にガラスを作れてしまう」という、
ゲームが破綻するレベルのすさまじいバグが発覚してしまいました。

完全に仕様から外れた挙動のため、フリーズするパターンもありました。ひどい。

幸い原因も掴めたので、急いで修正作業に入ります。
報告まことにありがとうございました。

修正版の公開までに、また何日かかかってしまうと思うので、
取り急ぎ、今回はお知らせのみとなります。


◇素材や製法は良く分かりません。不思議ガラスです − 【2017/08/04】

「ガラビスの硝子番」の紹介動画が完成したので、ニコニコ動画に投稿しました。
質素な作りですが、ゲームの内容や雰囲気は伝わると思います。

top_glass_05.gif top_glass_06.gif
-----

さて、公開開始からまだ日が浅いため恐縮ですが、
「ガラビスの硝子番」をバージョン1.01に更新しました。

更新内容は、アンドゥとリドゥのショートカットキー追加となります。

バージョン1.00ではメニューを開いて、アンドゥとリドゥを選択する仕様だったのですが、
「メニューを開かずにボタン一つで操作したい」という要望を、メールフォームよりいただきました。

そこで試しに実装してみたところ、少しだけプレイが快適になったので、
正式に追加要素として公開する事にしました。

貴重なご意見ありがとうございました。

※メニューから選択する形式も引き続き使えます

top_glass_07.png top_glass_08.png
-----

と言うわけで、大きな不具合が発覚しない限りはこれで一区切りです。
このサイトは、またいつもの倉庫に戻ります。

いち早くバージョン1.00を遊んでくれた方も、これからバージョン1.01を遊んでくれる方も、
共にガラビスの硝子番をよろしくお願いします。


◇あの水色のブロック、氷じゃなくてガラスだそうですよ − 【2017/07/21】

そんなこんなで「ガラビスの硝子番」が完成、公開となりました。
2016年中に仕上げるという当初の予定からは大きく遅れましたが、無事に完成して何よりです。

従来の作品同様に地味な見た目ではありますが、
ブロック(ガラス)を作ったり壊したりしながら、解法を考えるのが楽しいパズルゲームです。
暑い夏のお供にぜひ遊んでみてください(他の季節でも問題ないですが)。

top_glass_05.gif top_glass_06.gif

-----

で、いつもならゲーム紹介用の動画も同時に公開するのですが……。

Vectorさんにゲームを登録してから公開まで一週間ほどかかると思っていて、
その一週間の間に動画を作ろうと考えていたのですよ。
(実際今までの作品は、すべて公開まで一週間ほどかかっていました)
ところが今回はVectorさんのお仕事がとても早く、登録から公開までわずか一日でやっていただきました。

つまりまだ動画が出来ていません。完全に遅刻です。
見切り発車をしてはいけないと、身を持って学習した夏になりました。

順番が逆になってしまい、申し訳ありませんが、
なるべく急いで動画も作るので、適当にゲームを遊びながらお待ちいただければ幸いです。


◇1-2と2-3を眺める日々とももうすぐお別れです − 【2017/07/20】

top_glass_05.gif top_glass_06.gif
久々の更新でいきなりですが、長らく制作していたパズルゲームが無事完成しました。
配布場所は、いつも通りVectorさんになります。

ついでに過去作たちの修正版も上げますが、例によって追加要素はありません。
目立つ変更点は、暴鉄鳥のmidiをoggに差し替えた事と、
ペギルンの館の三色スイッチのグラフィックを変更した事くらいでしょうか。

いずれもVectorさんに登録してから公開されるまで一週間ほどかかります。
もうちょっとだけお待ちください。

・07/21追記:一週間かかると思っていたら、登録→公開までたったの一日でした。

top_pegirun_05.png

-----

これまたいきなりですが、ペギルンの館のエディット面募集コーナーを撤去しました。
もともと思いつきで始めた企画ですが、需要ゼロな事は最初から明白だったのでもう必要ないかな、と。

もちろん宣伝とかをすれば、また違った結果を得られたかもしれませんが、
そこまでするほどの余暇があるなら次の制作に着手したい。というのが正直なところです。

今後もこの手の募集をはじめとした、+αの活動はやらないつもりです。
多分このサイトは、寄り道せずに細々とゲームを作り続けるのが一番向いているのだと思います。


△戻る
(c)mojazou